外壁塗装(ALC)下地処理

外壁ALCの壁面はこんな感じです。

001-1

 

 

 

 

 

 

P1030691 P1030693

 

 

 

 

 

 

 

P1030709

 

 

 

 

 

 

 

ジョイント処理です。コーキングを充填する前に

プライマーは施工箇所に塗布してます。

P1030729

 

 

 

 

 

 

 

膨れや剥がれはセメントやALC補修材で充填。

P1030714

 

 

 

 

 

屋根塗装(コロニアル編)上塗り

下塗りがしっかり塗れたら

上塗りの作業です。

乾燥時間を考えて、しっかりインターバルを取りましょう。

P1030832

 

 

 

 

 

 

 

P1030834

 

 

 

 

 

 

 

P1030835

 

 

 

 

 

 

 

下塗りで吸い込みが止まっているので

が垂れないよう気を付けて塗ってください。

CIMG5626

 

 

 

 

 

 

 

またインターバルを取って乾燥後、2回目の仕上げ作業です。

CIMG5628 CIMG5629

屋根塗装(コロニアル編)下塗り

下塗りには大きく分けてシーラーとサフェーサーがあります。

CIMG4823

 

 

 

 

 

 

 

シーラーは透明、又は乳白色で塗り込んだ時は分かりますが
吸い込ませて乾いてくると…

CIMG4824

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じになってきます。

 

サフェーサーは何種類か色があります。

P1030833

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0018

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで茶色だったり、白だったり他にも種類はありますが
素材の傷み方や仕様だったりで変わってきます。

下塗りをしっかり入れる事が仕上げの良し悪しにも繋がってきますので
とても大事な作業ですね。

 

屋根塗装(コロニアル編)高圧洗浄

やはり塗装をする前にケレン作業は重要です。

CIMG0001

 

 

 

 

 

 

 

しっかりと付着した苔、藻を落していきます。

CIMG0002

 

 

 

 

 

 

 

洗浄後との違いが分かりますね。

P1030668

 

 

 

 

 

 

 

旧塗膜の浮いているところもしっかり落としていきます。

CIMG0007

 

 

 

 

 

 

 

綺麗になりましたでしょうか?

付着物や旧塗膜の浮きなどが残っていると

新しく塗り替えても、剥がれ等の原因になってきますので

ケレン作業はとても重要ですよ。

屋根塗装(コロニアル編)劣化状況

経年劣化、痛みの状況です。

P1010675

 

 

 

 

 

 

 

建物の北面は、苔、藻の発生が特にしやすいです。

P1010708

 

 

 

 

 

 

 

南面や日差しが非常にあたるところは、色褪せ等

表面の劣化速度は変わってきますね。

CIMG4350

 

 

 

 

 

 

 

棟や谷などの板金部分も、年数と共に錆の発生

釘の抜けなどが見受けられるようになります。

 

屋根は、気にして見ようとしないと

気が付きずらい場所ではありますので、気が向いた時にでも

上を見上げてみるのも良いかもしれませんね。

 

 

上塗り塗装(トタン屋根編)

錆止め塗装後に乾燥時間をとり

いよいよ仕上げの塗装に入ります。

 

錆止め同様に細かいところは刷毛で

しっかりと入れていきます。

037

 

 

 

 

 

 

 

平らな面はローラーで塗布

054

 

 

 

 

 

 

 

乾燥後にもう一度同じ作業で

しっかりと塗り込みます。

064

 

 

 

 

 

 

 

仕上りの全体写真がこれ

071

錆止め塗装(トタン屋根編)

錆止め塗装はとても重要です。

 

端の部分や細かいところは

刷毛でしっかり入れていきます。

030

 

 

 

 

 

 

 

平らな大きい面はローラーで塗布

031P1020291

 

 

 

 

 

 

 

全体写真はこれ

033035

 

 

 

ケレン作業(トタン屋根編)

ケレン作業にはマジックロンやカースキ

といった道具を使って手で擦るやり方が一つ

P1020283025

 

 

 

 

 

 

 

と電動工具を使って行うやり方があります。

019.jpg-1020.jpg-1.jpg-1

 

 

鉄部の傷み方(トタン屋根編)

 

鉄部は経年によってこの様に劣化してきます。

004

 

 

 

 

 

 

 

 

下の写真のようになっていたら

必ずケレン作業(錆の浮きや塗膜の剥がれをとる)を行って下さい。

030027-11