屋根

屋根塗装(コロニアル編)上塗り

下塗りがしっかり塗れたら

上塗りの作業です。

乾燥時間を考えて、しっかりインターバルを取りましょう。

P1030832

 

 

 

 

 

 

 

P1030834

 

 

 

 

 

 

 

P1030835

 

 

 

 

 

 

 

下塗りで吸い込みが止まっているので

が垂れないよう気を付けて塗ってください。

CIMG5626

 

 

 

 

 

 

 

またインターバルを取って乾燥後、2回目の仕上げ作業です。

CIMG5628 CIMG5629

屋根塗装(コロニアル編)下塗り

下塗りには大きく分けてシーラーとサフェーサーがあります。

CIMG4823

 

 

 

 

 

 

 

シーラーは透明、又は乳白色で塗り込んだ時は分かりますが
吸い込ませて乾いてくると…

CIMG4824

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じになってきます。

 

サフェーサーは何種類か色があります。

P1030833

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0018

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで茶色だったり、白だったり他にも種類はありますが
素材の傷み方や仕様だったりで変わってきます。

下塗りをしっかり入れる事が仕上げの良し悪しにも繋がってきますので
とても大事な作業ですね。

 

屋根塗装(コロニアル編)高圧洗浄

やはり塗装をする前にケレン作業は重要です。

CIMG0001

 

 

 

 

 

 

 

しっかりと付着した苔、藻を落していきます。

CIMG0002

 

 

 

 

 

 

 

洗浄後との違いが分かりますね。

P1030668

 

 

 

 

 

 

 

旧塗膜の浮いているところもしっかり落としていきます。

CIMG0007

 

 

 

 

 

 

 

綺麗になりましたでしょうか?

付着物や旧塗膜の浮きなどが残っていると

新しく塗り替えても、剥がれ等の原因になってきますので

ケレン作業はとても重要ですよ。